コンビニおにぎりやサンドイッチ・サラダは危ない!子供たちに伝えたい食の現実

04_px400

コンビニおにぎりやサンドイッチ・サラダは危ない!子供たちに伝えたい食の現実

あらためて、コンビニ食品やスーパーの既製のお惣菜の恐ろしさを再認識しました。

命を守るためにも、ぜひあなたの大切な10分を使って、この動画をみてください!

そうでないと、これから大切な子供達や自らの身体に毒をもり続ける食事をすることになってしまいます。

 

  • コーヒーに入れる小さい容器に入ったミルクもどき。
  • コンビニで売られているツナサラダや卵サンドに使われるマヨネーズもどき。
  • 中国から塩蔵で運ばれ、真っ黒になったごぼうや蓮根漂白剤で真っ白にしたものを食べている真実。
  • どれも、この動画を見るとゾッとして食べられなくなると思います。

 

コーヒーに使われる生クリームもどきのミルクは、まるで子供の実験で作ったような食べるに値しない合成食品であり、見た目と味をそっくりにして売っているまさに「詐欺商品」そのもの・・・。

なぜ、そのようなものが平然と市場に販売され、小さな子供達から私たち誰もが危険も知らされることなく出回ってしまうのでしょうか?

これは、企業が儲かって、消費者を騙せればなんでもOKということを証明しているようなものです。

なぜ国は危険な食品を取り締まらないのか?

欧米では禁止されている食材が、平然と販売される日本。

農薬の基準値は種類によっては数百倍近いゆるい基準値。

こうなると、すでに規制はないにも等しいという現状です。

 

子供たちは、その危険に気づかずに美味しそうにそれを毎日食べている。

もちろん、大人たちもその危険を知らず、妊婦さんや赤ちゃんですらそれを口にしてしまう。

もしかしたら、赤ちゃんの粉ミルクもこんな形で作られているのかもしれないと疑いたくなってしまうのは、私だけではないでしょう。

たしかに、製造業をはじめとする商品は、次から次と販売され、どれだけ厳しく取り締まっても、新しい名称の薬品や保存料などを使用してカムフラージュしながら、すこしでも低コストで高く売れる商品を開発し、利益を得ようとする企業。

おそらく、その危険をしっているのは、その企業で働いているほんのひと握りの幹部たちだけなのかもしれません。

自分たちの健康を守るには、自分で種から育てた野菜、安心した生産者から作られた肉や魚を入手するしか方法はない、そう思います。

こんな現実があることを、大人はもちろん、しっかりと子供達に伝えていくことが大切なことだと痛感します。

関連記事

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

ピックアップ記事

水素水がん治療

2016.9.30

世界三大奇跡の水『ルルドの泉・ノルデナウの水・トラコテの井戸水』と癌治癒の因果関係

世界三大奇跡の水でガンは治るのか? 治療困難の末期のがん患者でも奇跡の水でガンの治癒効果があがるのでしょうか。 ルルドの泉では、過去…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る