キラーT細胞を増やすには刺身が一番!


キラーT細胞を増やすには刺身が一番!免疫システムをつかさどる白血球の中でも、侵入した異物(ウイルスなど)を退治するキラーT細胞の力は重要です。このキラーT細胞を大量に作るには良質なタンパク質、亜鉛、鉄を積極的に摂取するようにしましょう。

キラーT細胞に限らず、体全体の細胞の基本となるタンパク質(とくに肉や魚に含まれるバランスの良いアミノ酸)が欠かせません。

魚を調理する際、煮たり焼いたりするとDHAやEPAなどの栄養素は、煮汁などに溶け出してしまい、効率よく摂取することが難しくなります。

青い魚(いわし、さば、まぐろ)などはDHAやEPAというn-3系の不飽和脂肪酸が含まれているため、血液サラサラ効果も期待できます。食生活に積極的に取り入れて行きましょう。

魚介類には、良質なタンパク質だけでなく、微量ミネラル、各種アミノ酸、脂肪酸などの供給源としても優秀な食材です。

 タウリンを多く含む魚介類:たこ、さざえ、ほたて、あさりなどの貝類などに多く含まれます。肝臓の働きを強化し、体内の解毒作用を高めてくれる食材です。

 鉄・亜鉛を多く含む魚介類:かき、ひじき、いわし、ほたて、たらこなど。鉄や亜鉛の微量ミネラルはキラーT細胞、キラーB細胞、NK細胞の増殖を促進する効果があります。

関連記事

ピックアップ記事

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

ピックアップ記事

癌治療とサプリメント

2014.10.10

癌を予防・再発を防ぐ効果のある10の栄養素を学ぶ

絶対かかりたくない病気と聞かれて、 あなたはどんな病気が浮かぶでしょうか? 痛い、苦しい、辛い、そして最後に死を覚悟せざるをえな…

ピックアップ記事

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

ピックアップ記事

植松稔

2014.12.12

3期・4期進行癌患者完治の事例も:四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法治療実績と治療効果の概要 切らない乳がん治療500名超 原発性・転移性肺がん2000病巣以上 一期…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る