キラーT細胞を増やすには刺身が一番!


キラーT細胞を増やすには刺身が一番!免疫システムをつかさどる白血球の中でも、侵入した異物(ウイルスなど)を退治するキラーT細胞の力は重要です。このキラーT細胞を大量に作るには良質なタンパク質、亜鉛、鉄を積極的に摂取するようにしましょう。

キラーT細胞に限らず、体全体の細胞の基本となるタンパク質(とくに肉や魚に含まれるバランスの良いアミノ酸)が欠かせません。

魚を調理する際、煮たり焼いたりするとDHAやEPAなどの栄養素は、煮汁などに溶け出してしまい、効率よく摂取することが難しくなります。

青い魚(いわし、さば、まぐろ)などはDHAやEPAというn-3系の不飽和脂肪酸が含まれているため、血液サラサラ効果も期待できます。食生活に積極的に取り入れて行きましょう。

魚介類には、良質なタンパク質だけでなく、微量ミネラル、各種アミノ酸、脂肪酸などの供給源としても優秀な食材です。

 タウリンを多く含む魚介類:たこ、さざえ、ほたて、あさりなどの貝類などに多く含まれます。肝臓の働きを強化し、体内の解毒作用を高めてくれる食材です。

 鉄・亜鉛を多く含む魚介類:かき、ひじき、いわし、ほたて、たらこなど。鉄や亜鉛の微量ミネラルはキラーT細胞、キラーB細胞、NK細胞の増殖を促進する効果があります。

関連記事

ピックアップ記事

水素水がん治療

2016.9.30

世界三大奇跡の水『ルルドの泉・ノルデナウの水・トラコテの井戸水』と癌治癒の因果関係

世界三大奇跡の水でガンは治るのか? 治療困難の末期のがん患者でも奇跡の水でガンの治癒効果があがるのでしょうか。 ルルドの泉では、過去…

ピックアップ記事

20160228161658

2016.11.16

石灰化・動脈硬化と診断されたら!血管を柔軟に強くし、脳溢血・心筋梗塞・脳梗塞などの突然死を防ぐ方法

このままでは危険です!血管が石灰化が深刻な状態に 先日、がん検診のため69歳の母をつれて免疫治療やガンの食事療法で有名な済陽高穂先生の経営…

ピックアップ記事

a1380_000066

2013.12.11

ガンに対して闘争心が高いほど経過が良好という調査結果

患者自身が積極的になるほど、治療結果が良いという事実を知ろう! 1985年英国の有名な医学誌ランセットにおいて、62人の乳がん患者を4つの…

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る