ガン治療に一番有効なものを教えてくれた一冊の著書に出会う

がん治療と心

ガン治療に一番有効なものを教えてくれた一冊の著書に出会う今、私は一冊の本を読んでいます。

余命6ヶ月と絨毛がんと宣告され、その後奇跡的に回復を遂げた長友明美さんの著書がん治療を医者任せにするなという本です。

まだ最初の50ページほどを読んだ段階なのですが、発病した時点ですでに肺にまで転移しており、 1週間以上出血が続いたり、既に立つこともできないくらい衰弱していた状態からどのように回復していったのか、患者から見た医療の姿が克明に記されており、今まで医師の視点に立って書かれた本とはまた違ったすばらしさがあると感じました。

もし自分が同じような状況に置かれた時、癌に対して闘う心を持つことができるだろうか?と感じざるを得ません。しかし、現実に長友さんは、すでに末期とてもおかしくないような状況から、回復を解け、発病から30年以上経つ現在もがん撲滅に向け活発に活動を続けられています。

長友さんは、発病した当初海外に滞在されていたため、アメリカのがん治療で世界最高レベルのメモリアル病院に入院されたそうです。

そこで10日間の抗がん剤治療を受け、酷い吐き気、目の痛み、口中の口内炎などひどい副作用と闘い、その後一時退院をした際に、日本での治療を決意されました。

知人の医師より東京の一心病院を紹介され、帰国後すぐに入院。

そこでまず行われた治療が、医師による言葉の薬であり、言葉による手術であったそうです。

入院してすぐに、主治医の小林先生は回診の時、どのような治療をするか、どのように病気と取り組んでいったらいいのかなどをゆっくり時間をかけて話してくださったそうです。そして、その後の回診のたびに、同じように長く話をされていかれたとのことです。

そして、 1冊の分厚いファイルを手渡され、これを読んでどうしてあなたがガンになったのかよく考えてみてください。そしてレポートを書いてみてください。と指示を受けました。

そのファイルには、自分の自然治癒の症例をまとめたコピーや、板について記されたたくさんの雑誌のコピーや新聞記事などがたくさん記録されていました。

そこで、長友氏の今までの医師まかせの治療から自分自身がガンと闘うことをしなければ絶対に治ることはない。と知ることができたのです。

おそらく、知人が一心病院を推薦した理由がここにあったのではないか。そして、長友氏が末期ガンから回復した要因はこの医師との心の対話があったからではないかと強く感じました。

日本の医師たちは、毎日寝る暇もなく不眠不休で職務に追われています。その中で、一人ひとりの患者の心と向き合うことは本当に難しい状況であると思います。 しかし、この著書の中で感じたことは、患者の病気に対する恐怖を取り除き、がんと闘う戦意を起こさせることが医師にとって1番重要な仕事なのではないだろうか。と思います。

このような、医師に出会える確立は、正直皆無と言って良いかもしれません。そのため、私たちに必要なことは、自分でガンに対する情報を多く集め、癌は治すことができる病気だ。具体的にがんを治療した人たちがどのような生活をして来たのかと言う事を知り、自分自身の中にガンは治すことができるのだと信じられる状況を作り出しことにあると思います。ここは、医師任せにせずに、自分や家族と協力して行うべきであると思います。

自分自身でガンと闘う気持ちができたなら、そこからが治療のスタートなのです。

私がこのサイトでお伝えしたいことも全て患者さんに諦めないでほしい。そして現在かかっている病院で治癒が難しいと診断された場合でも、他の医療機関や代替医療などで治す方法を探し続け、病気と闘って欲しいと思っているからです。

私は医師ではありませんが、ネットを通して癌の本質を伝え、あなたに心の医療をお届けできればと思い多方面から情報を集めて記事としてご紹介しています。

この後の記事で長友氏が末期ガンから回復された経緯について見ていきたいと思います。

ガンについて自分はもう治らないのではないか・・・。と思われている方がいるとしたら、ぜひがん治療を医者任せにするなを手にとってみてください。きっと、自分も治せる・・・。そう信じることができると思います。(上記の本は絶版となり、現在は中古でしか入手できないようですが、長友明美さんが最近かかれた著書はこちらから購入可能です)

関連記事

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

フコイダンと癌の効果

2016.11.21

胃がんの患者さんのフコイダン服用の体験記からみる【がん細胞抑制効果】を検証する

さまざまな抗癌効果を発揮するサプリメントがある中でも、実際の医療の現場で使われているものは、フコイダンとビタミンC、水素などが主なものです。…

ピックアップ記事

00_seiyoymitsubachi120722

2016.10.3

抗腫瘍効果の高いプロポリス【末期癌克服女性も飲用中Brix濃度40%以上のブラジル産原液最高級品を検証】

もしかして、これってプロポリスのおかげ? 「そうそう、副作用も飲む前より軽くなった気がする」 「やっぱり?実は、私もそう思ってたの。…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る