アトピー性皮膚炎などの炎症症状をステロイド剤で抑えることで症状の悪化や副作用

Ö0Ê00«0¨0Ç00Ê0Ê0«0Þ0É0j0i0°eÑ}K0‰0}I„~0g0n0I„û0I„n0™Qw’0ÎS2“0

アトピー性皮膚炎などの炎症症状をステロイド剤で抑えることで症状の悪化や副作用

ステロイド剤はこんなに怖い!

急増するアレルギー疾患の中で、特に辛いといわれるアトピー性皮膚炎。

最近ではステロイ剤の副作用の認知度も高く、使用を控えるという人も多い一方で、どうしてもひどいかゆみや不快感に耐えきれずステロイド剤から脱却できないという患者さんも多いのが実情のようです。

世界的権威の免疫学者である安保徹氏の著書には、アレルギーがおこるメカニズムとステロイド剤を使い続けるかぎり、アレルギー症状は治らないという内容が、わかりやすく書かれています。

ステロイ剤による体内の蓄積により副腎不全、胃潰瘍、ムーンフェイス、多毛、皮膚の沈着や色素沈着など多くの副作用が生じることをもう一度再認識し、アレルギーのおこりずらい体にするための生活習慣を取り入れていきたいものです。

アレルギーによる炎症症状はすべて毒素を排出し、治癒にむかう過程。

ステロイド剤でその自然治癒力を阻止してしまうと、体内の恒常性が壊れ、さらに悪化や副作用を引き起こす。

つまり、炎症症状によるかゆみや痛みを通り抜けなければ、アトピー性皮膚炎は治らないということを安保徹先生は語っています。

体の炎症(発熱や皮膚の炎症、臓器の炎症)などは、悪者ではなく自分自身の体から悪者を追い出そうとするメカニズムの一部であって、動物にとってなくてはならない重要な体の仕組みです。

それを無視して、対処療法という目先の不快感を取り除く薬物治療を行う現在の医療では、自分の自然治癒力を狂わせ、また別の病気を誘発する負のスパイラルに陥るだけです。

野生の動物が、具合がわるいときには、何も食べずにじっとしていることで体を治すように、人も本来充分な休息をとり、心身ともにリセットすることで、本来の健康を取り戻す力をもっているはずなのです。

副作用もなくアレルギー症状に有効性のあるプラセンタのメカニズムとは?

プラセンタの権威である吉田健太郎医師によるプラセンタ治療において、アトピー性皮膚炎・気管支喘息・慢性関節リウマチなどにおいて、優れた効果があることを著書において記されています。

プラセンタには各種の免疫抑制物質が複合的に含まれており、これらがアレルギーや炎症反応を引き起こす原因というサイトカイン(細胞間情報伝達物質)の分泌を抑制・調節するためであると吉田医師は述べています。

その他にも、基礎代謝向上作用、創傷回復促進作用などの修復作用も加わり、リバウンドも副作用もない改善が可能になるということです。

 

プラセンタ療法と漢方を複合的に使うことでさらに治療効果を高める治療

吉田クリニックでは、プラセンタ療法に加えて患者さんにあった漢方薬を複合的に処方しています。

一例としては、消風散、当帰飲子、十味敗毒湯、治頭瘡一方、温経湯、四物湯などです。

通院が難しい患者さんには、プラセンタサプリメントの経口投与により効果をあげているそうです。

 

プラセンタは、一つの病気だけでなく体全体を総合的にレベルアップできる自然食品

プラセンタ治療で保険適用が認められているのは、現在以下のものだけです。

  • 肝硬変
  • 更年期症状
  • 乳汁分泌不全

プラセンタ治療を行う全国の病院のデータでは、病名のつけられている病気の80%に効果があったという報告もあり、今後正式に認可し、もっと多くの人たちが安く治療が受けられうようになることを願いたいところです。

美容の分野ばかりクローズアップされがちなプラセンタですが、知れば知るほど健康にとっても欠かせない存在であることがわかります。

 

女性であり35歳以上であれば更年期症状などの保険適用においてプラセンタ注射を1000円以下で受けられる可能性も大きいので、身体の不調を感じているかたは近くのプラセンタ注射を受けられる病院を受診してみてはいかがでしょうか。

経口摂取ならば、上記の著書の吉田先生の推奨するプラセンタサプリメントがあります。

ぜひ、参考になさってみてください。

関連記事

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

ピックアップ記事

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

ピックアップ記事

NK細胞

2017.2.13

笑いと免疫力の密接な関係【笑いは癌の治療を助けてくれる名医だった!】

お金をかけずに免疫力を劇的に上げる笑いの効能!NK細胞の活性率が急上昇 ある笑いと免疫力の調べで、たった40分の落語を聞いた後、唾液の検査…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る