もし自分や家族が癌にかかったら?治療方針を決めておくことの重要性

治療方針

もし自分や家族が癌にかかったら?治療方針を決めておくことの重要性

一か八かの抗癌剤か治療効果が緩やかではあるが確実性の高い免疫療法を選択するかの2者選択

抗癌剤を使用した治療をするべきか、それ以外の治療法を選択するか?

おそらくこの選択の時点で、患者さんの生死が別れるといっても過言ではないのかもしれません。

多くの医療関係者の間でも、現代の3大医療に疑問を覚える人が増加していることは間違いないと思います。

抗癌剤に効果はほとんど期待できないことを教えてくれた近藤誠医師

癌と宣告され、抗癌剤や手術を受ける前に一冊は、近藤医師の書籍を読んでおくことをおすすめしたいと思います。

著書のレビューを読むだけでも、とても参考になります。)

医療に100%の答えはありませんが、現代医療の恐ろしい現実がよく理解でき、本当に医師にいいなりの治療法でよいのだろうかと考えるきっかけを与えてくれます。

癌治療はやり直しができない命がけの選択である。

癌になった患者さんの95%が、医師のいいなりに手術、抗癌剤の治療を受けるといわれています。

とりあえず、医者が言うから間違いないだろう・・・。

抗癌剤に不安を抱きながらも、結局は薬漬けの犠牲になる人が少なくない現状があります。

癌治療の選択を間違えるということは、取り返しが付かない命を失うということにつながります。

もっとたくさんの人が、自分の受けるべき治療法について、病気になる前から興味・関心を持って欲しい。

そして、万が一のことがあったとき、自分の癌治療をすぐに選択できるような準備が必要ではないでしょうか。

生物の生きるという生命エネルギーに反する治療法で本当に生き続けることが可能なのだろうか?

抗癌剤の治療で癌を克服した人がいないわけではありません。

しかし、抗癌剤治療で再発を免れた患者さんたちは、元々潜在的な免疫力が高い人だったか、メンタルの部分で自分をコントロールすることが上手くできた人といえるのではないでしょうか。

人の本来の生命維持装置は、免疫力が正常に働くことで初めて成り立つものです。

抗癌剤は自分の身体に原子爆弾を投下するのと同じこと

癌細胞を排除するために、味方である免疫細胞をも死滅させる抗癌剤治療は、まるで原子爆弾と同じです。

敵をやつけるために、味方の犠牲はやむを得ない。

この自分の身体を傷めつける行為が、数カ月後、数年後に再発・転移として今度は取り返しのつかない状況を作り出すことを医師が知っているのです。

本当に患者さんが望むことはなんでしょうか?

それは、生き続けることだと思います。

今目の前の癌を見えなくするだけで、数年後に命を失うような選択はしないでほしいと思います。

ガンの存在より恐ろしい抗癌剤治療の驚異を医師は隠し続けている

どうして、命を救う使命である医師があえて抗癌剤を選択するのか。

これは、医療業界の利権主義やお金という力が大きく影響していると言われています。

抗癌剤や放射線治療により巨額な利益と富を得ている医療関係者、政治関係者による事実の隠蔽。

医療の裏を知れば知るほど、怒りがこみ上げてくるのは私も近藤先生と全く同じ意見です。

騙されない患者になるには、まず自分が充分の知識を持っていることが大切

一人のがん患者が来院したらそこで生まれる病院側の収入は計り知れません。

定期的な抗癌剤の投与、手術でその報酬は手に入れることができます。

患者の生死、再発は全く関係ないのです。

 

あとで患者さんに恐ろしいことが起こることがわかっていながら・・・。

抗癌剤を選択しないならどう癌治療を進めていくべきなのか

最も安全で、5年後10年後も元気に生き続けたい。そう望むのであれば免疫活性化療法という方法があります。

地球上の生き物すべてが持っている、自然治癒力を最大化させ、ガンを克服する方法です。

ただ、そのデメリットは治療効果の速度が遅いことと保険適用がないので高額な医療費が必要なこと。

 

抗癌剤のように、数週間で癌が小さくなったり、手術で翌日には綺麗に取り除けるといったものではありません。

それに耐え切れずに、多くの患者さんは西洋医学を選択してしまうと言っても過言ではありません。

しかし、西洋医学の治療は、まるで手品のように、目に見える癌を消しただけ・・・。

 

つまり、一時的な消去を行うかわりに、再発しやすい身体に変えてしまう治療法といえるのです。

たった数年間、癌が消えてみえなくなって安心しても、数年後に全身に転移してすでも手遅れ・・・・。

これが今現在の癌治療の本質です。

免疫力を維持しながら癌を治療する統合医療という選択

近年、免疫力を高める癌治療を行う先生、病院もかなり増え、東京や大阪などの主要都市であれば複数の病院を選択できるようになりました。

抗癌剤と免疫治療を並行して行うことも可能ではありますが、免疫細胞も一緒に攻撃し、弱らせる抗癌剤と免疫療法を並行して行う場合は、免疫療法単独で行った場合と比較すると効果は半減するどころか何分の一に低下してしまいます。

大学病院やがんセンターなどの医療機関において、西洋医学を行っている場合は、ジュース療法や免疫療法を否定し、取り入れることを禁止する医師もいるといわれています。

まずは、自分自身がどのような治療法により癌を治療していきたいのかをまず明確化させ、自分の医師に沿った医師の元で治療を行うことが最も重要であると言えそうです。

関連記事

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

ピックアップ記事

水素水がん治療

2016.9.30

世界三大奇跡の水『ルルドの泉・ノルデナウの水・トラコテの井戸水』と癌治癒の因果関係

世界三大奇跡の水でガンは治るのか? 治療困難の末期のがん患者でも奇跡の水でガンの治癒効果があがるのでしょうか。 ルルドの泉では、過去…

ピックアップ記事

低分子フコイダン

2017.8.5

肺腺がんステージ4【1ヶ月で半分に縮小、6ヶ月後に肺がん消失の治療法】

進行性肺腺がん・手術困難といわれてもあきらめなくてもいい! 肺腺がんというガンの中でも治療が難しい言われる癌。 最近でも、野際陽子さん、…

免疫力向上食品

免疫力を高める3大栄養素サプリ

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る