【放射線のみと手術あり】生存率に驚くべき結果が!

a1380_000701

【放射線のみと手術あり】生存率に驚くべき結果が!癌にかかったら手術するのが当たり前。
そんな常識がまかり通っている中、手術を受けずに
放射線治療を行った患者と手術と放射線治療などを併用した患者の生存率について
どの程度差があるのかは、あまり知られていない事実です。

苦しくて痛い思いをしたんだから、治癒率が高くて、生存率も高い。
そんな風に信じて手術をうけた患者さんの術後は本当に
良い結果に結びついているのでしょうか。

前立腺癌:初期の治療別完治割合は?

完治する確率は放射線も手術も同等
(治療時の注意点:手術、放射線治療いずれの場合も、施設の腕前(治療実績)
で大きく結果は異なってきます。)

乳がん早期がん;温存療法と乳房全摘手術の生存率に違いなし

抗がん剤がよく効くがんとされる乳がんでさえ、

抗がん剤は再発を減らすのではなく、
再発する時期を遅らせただけという臨床結果とのこと。

8割の患者が抗がん剤治療によりがん細胞が縮小するのに、実際にそれが
延命につながるのは1割にすぎず、乳がんにおける抗がん剤治療が
いかに効果の薄いものであるかを実証していると言わざるを得ません。

しかも、延命だったということで、完治ではない。

患者にとって、延命が目標なのではなく、完治が最終目的地のはず。

その、完治のために、自分が選択すべき治療法がなにが適切か
よく検討すべきではないでしょうか。

乳がん治療に希望の治療法:4次元ピンポイント照射療法について

以前の記事でもご紹介しましたが、
乳がんを切らずに治す4次元ピンポイント照射療法
乳がんの治療実績は驚くべきものです。

世界でも一つしかない施設であり、治療を受けられるのも九州の鹿児島の病院のみ
ということで、日本中から乳がんの女性が集まっているとのこと。

4次元ピンポイント照射療法の詳細については、
UASオンコロジーセンター長の著書 植松稔氏の著書
参考にしていただけると、いかに理にかなった治療法であるのかご理解いただけるのではないでしょうか。

たくさんの乳がん患者が無駄な抗がん剤や手術により、
苦しむことなく完治する。そんな治療法が一日も早く主流になることを
願うばかりです。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

a0001_015020

2015.6.23

末期がんから長期生存を実現させた患者の共通点を見出すのに最適な本

癌に関する書籍は、溢れるほど存在します。 自分が癌を発病した時、そして大切な家族が癌にかかった時、 少しでも良い治療法を求め、本を読…

ピックアップ記事

癌への不安・恐怖心

2014.3.12

癌を増殖悪化させる因子を取り除く心理療法

家族や自分が癌と診断された時、とてつもない絶望と恐怖感に襲われると思います。 それは、癌=死 という方程式が誰しも頭をよぎるからではな…

ピックアップ記事

ユーグレナ癌効果

2016.1.31

ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントが癌予防に効果的な理由

ユーグレナという完全栄養食というスーパー食材が健康維持はもちろん、様々な病気を治せる可能性があるとして注目を集めています。 ミドリムシ…

ピックアップ記事

KS018_350A

2013.7.13

高濃度ビタミンC点滴療法が癌細胞を死滅・不活性化できるメカニズム とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は2007年柳澤厚氏により日本に広く紹介され、最近では日本全国で高濃度ビタミン療法の施術が受けられる病院が増えました…

癌予防におすすめのお茶はこちら

免疫力アップ✕解毒作用✕再生能力=珪素

スポンサードリンク

免疫力向上食品

スポンサードリンク

最近の投稿

ページ上部へ戻る