最近の記事

  1. 高麗人参抗癌効果

    2017.3.6

    高麗人参長期摂取でガン発病リスクが半分に減少!原発放射能リスク対策にも有効

    高麗人参を長期服用している人は発がんリスクが半分になった 韓国で行われた高麗人…

  2. 原因不明体調不良

    2017.3.6

    検査しても悪いところが見つからない原因不明の体調不良を改善したい

    だるい、気力が湧かない、体の痛みや不調がひどいのに原因が特定できない場合の対処法…

  3. a0002_005508

    2017.2.28

    肺非小細胞がんの新薬「ラコツモマブ」末期・転移・再発に生存期間延長効果

    標準治療では治療が難しいといわれる肺非小細胞癌の新薬治療実績とは? ここ数…

  4. 肺がん手術

    2017.2.25

    肺がん4センチ転移なし【手術が逆に命を縮める!実は8割が良性で命に別状なしという真実】

    ご存知ですか?癌手術における4つのリスク 肺がん4センチ転移巣なしの場合、がん…

  5. 食事の量と発ガン率

    2017.2.20

    食事を食べ過ぎると発ガン率が5倍以上!? 幼児期から危険信号の日本人

    腹5分目のねずみと腹8分目のねずみの発がん率の驚くべき研究データ 悪性…

  6. NK細胞

    2017.2.13

    笑いと免疫力の密接な関係【笑いは癌の治療を助けてくれる名医だった!】

    お金をかけずに免疫力を劇的に上げる笑いの効能!NK細胞の活性率が急上昇 ある笑…

  1. せきが止まらない!肺炎や気管支炎を副作用なく炎症を抑える漢方薬
  2. 心筋梗塞・狭心症・心不全のリスク・LDLコレステロールを下げる名医おすすめ食材【鯖水煮缶】
  3. 新情報!がん治療の名医発表!温州みかんは人参の5倍の抗癌食材だった!
  4. 高血圧と動脈硬化に効果が期待できる漢方薬を発見【降圧剤の副作用なく治療・完治を目指そう!】

ピックアップ記事

足つぼ療法近藤愛沙

2013.6.14

足ツボ押しで癌を治せる!近藤愛沙式治療法で体温アップと解毒効果

足つぼで癌が治せるなんて知りませんでした。 普通は信じられないと思いますが、「足もみ力」の著書である近藤愛沙氏は、 24歳の時にガンの宣…

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

水素水がん治療

2016.9.30

世界三大奇跡の水『ルルドの泉・ノルデナウの水・トラコテの井戸水』と癌治癒の因果関係

世界三大奇跡の水でガンは治るのか? 治療困難の末期のがん患者でも奇跡の水でガンの治癒効果があがるのでしょうか。 ルルドの泉では、過去…

am500_fo052

2013.7.20

癌治療に肉を食べたほうが良い!医師の見解の違いと理由とは?

たいていの癌治療の食事療法においては、肉などの動物性蛋白質は極力避けることを前提に治療が進められていきます。 その一方で癌になったら肉…

白血球と癌

2013.12.11

白血球が癌細胞を殺す瞬間の映像

末期ガンから生還された長友明美さんは、 当時病院で見せてもらった映像で白血球ががん細胞を殺す瞬間を実際に目にすることで、 温熱療法や日々…

若い世代がん予防

2016.6.11

小林麻央さん乳癌報道で高まった意識;若い世代のがん予防の必要性について

若い世代に緊急事態!2人に1人がガンに罹る時代へ 少しでもガンに対する危機意識を感じていただけたなら、ぜひ下記の記事を読んでいただきたいと…

子宮頸がん

2015.3.7

子宮頸がん患者【放射線と温熱療法の併用で完全消失率が30%アップ】

関西医科大学医師の播磨洋子医師の元で行われた症例をご紹介します。 37人の進行子宮頸がん患者に対する放射線の治療で 単独治療だけを行…

サイモントン療法

2016.11.6

サイモントン療法【代替医療の柱になりえる心理療法:癌の進行を止め、消滅に導く不安解消プログラム】

サイモントン療法で長期生存率が4倍に! ストレスケアを取り入れた末期がん患者の平均生存期間を検証する。 サイモントン療法を取り入れた患者…

カテゴリー

ガンを予防するお茶

最近の投稿

免疫ビタミンの効果とは?

免疫力向上食品

ゲルソン療法がわかりやすく実践できる本

体の中から浄化して免疫力を高めるために

<midorijiru_bnr2
ページ上部へ戻る